あらまし

Open Access

移動通信システム活用の未来に関する一考察

岡本 英二 

Vol.100 No.12pp.1371-1374

発行日:2017/12/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:創立100周年記念号

専門分野:

キーワード:
移動通信システム超スマート社会ピコセル基地局モバイルセルフエージェントNINJA

Free本文:PDF(787.2KB)

あらまし:
移動通信システムは小セル化による大容量化を続けている.一方,少子高齢化の進む日本において,労働力を確保することが重要になりつつある.本稿では,この二つの事象がつながるような,超スマート社会における人間形ロボットの活用についての考察を行う.移動通信システムの発展形態を説明し,将来の基地局がロボットになることを述べる.そしてそのロボットを人間のモバイルセルフエージェントとしても機能させ人の様々な分身活動を行うことにより,労働力の向上を実現することが可能であることを,同時会議システムの例を示しながら説明する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355