あらまし

400ギガイーサ向け光4値振幅変調方式

菊池 信彦 平井 理宇 

Vol.100 No.1pp.42-46

発行日:2017/01/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
イーサネット光ファイバ伝送多値変調400ギガイーサ

本文:PDF(826.7KB)

あらまし:
近年,データセンターを中心とするデータトラヒックが急増し,短距離大容量光ファイバ伝送のニーズが飛躍的に高まっている.100ギガイーサ(100GbE)に代表される従来の短距離向け光ファイバ伝送規格では,長らく光信号のオンオフを2値として利用する2値強度変調が用いられていたが,現在標準化作業中の400GbEでは,更なる変調速度の向上と低コスト化に向け,初めて光の多値変調である光4値振幅変調(PAM4)が採用されることとなった.本稿では400GbEの標準化動向,各距離カテゴリーと送受信機構成,PAM4変調方式について概説を行う.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355