あらまし

IoTアーキテクチャの最新動向

白鳥 則郎 北上 眞二 菅沼 拓夫 菅原 研次 嶋本 薫 

Vol.100 No.3pp.214-221

発行日:2017/03/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
IoTアーキテクチャIoTプラットホームクラウドコンピューティングエッジコンピューティング次世代IoTアーキテクチャ

本文:PDF(1MB)>>

記事を購入

あらまし:
クラウドコンピューティングを中心とする大規模なIoTシステムにおいて,近年ネットワーク負荷の増大,応答遅延やプライバシー侵害などの問題が懸念されている.解決策としてエッジコンピューティングの適用が検討されているが,単にクラウドの処理をエッジに移すとアプリケーションごとのIoTシステムの乱立を招き,利用者の利便性を損ねることになりかねない.本稿では,まずIoTアーキテクチャの変遷を解説し,次にエッジコンピューティングをIoTに適用する際の課題を述べる.更に次世代IoTアーキテクチャの最新の研究を紹介し,今後を展望する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355