あらまし

セルラネットワークの空間確率モデル

三好 直人 

Vol.100 No.4pp.280-286

発行日:2017/04/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 数理的手法の多様化・深化による通信システムへの新たなアプローチ

専門分野:

キーワード:
空間確率モデル無線通信ネットワークセルラネットワーク空間点過程信号対干渉雑音比被覆確率

本文:PDF(486KB)>>

記事を購入

あらまし:
最近,無線通信ネットワークに対して,無線ノードの位置を空間点過程を用いて表現し,そうして構成された確率モデルを解析して無線ネットワークの設計や性能評価に活かそうという,空間確率モデルの研究が活発に行われています.本稿では,この空間確率モデルについて,セルラネットワークに焦点を当てて概説します.はじめに,基本的な設定のもとでモデルを紹介し,その解析手順を説明します.その後,基本モデルを基にして,現在までにどのような実際の設定を考慮した解析がなされているのかを概観します.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355