あらまし

量的情報流――概要と研究動向――

関 浩之 

Vol.100 No.9pp.974-981

発行日:2017/09/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
量的情報流差分プライバシーk-匿名性

本文:PDF(648.8KB)

あらまし:
近年,量的情報流,差分プライバシー,k-匿名性など,セキュリティやプライバシーの定量化を目指した研究が注目されている.これらのトピックスは,情報理論,暗号理論,プログラム言語理論等,既に整備の進んだ研究分野に基礎をおいている.本稿ではソフトウェア科学の立場から,特に量的情報量を中心に,これらのトピックスの概要を述べる.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355