あらまし

SPICE誕生から40年,アナログ回路シミュレータに用いられる解析アルゴリズムとその最新動向

浅井 秀樹 

Vol.101 No.1pp.73-78

発行日:2018/01/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
アナログ回路設計回路シミュレータSPICEタイミングシミュレータLIMとその派生

本文:PDF(586.2KB)

あらまし:
アナログ回路設計で不可欠となるシミュレータの代表として1970年代にSPICE(Simulation Program with Integrated Circuit Emphasis)が誕生した.SPICEは,設計されたアナログ回路を動作検証するためのツールとして不可欠であり,世界中で汎用されてきた.そして,回路動作の高速化,高密度化とともに,シミュレーション手法,デバイスモデリング手法も進化してきた.
 本稿では,誕生から40年余りが経過してきたSPICEシミュレータの基本アルゴリズム,歴史的変遷について振り返る.そして,最近の進展について解説するとともに今後の展望について述べる.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355