あらまし

部分グラフ列挙アルゴリズムの最先端

和佐 州洋 

Vol.101 No.3pp.293-296

発行日:2018/03/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 グラフアルゴリズムの最先端

専門分野:

キーワード:
離散アルゴリズム列挙アルゴリズム計算困難性分割法逆探索法

本文:PDF(401.7KB)

あらまし:
グラフで記述された複雑なデータから有用な情報を抽出する重要性が,SNSや生命科学など分野を問わずに増している.列挙アルゴリズム,すなわち,与えられたデータから,制約を満たす部分構造を全て出力するアルゴリズムは,このような要請を実現するための基盤技術の一つである.本稿では,列挙アルゴリズムに関する評価方法,困難性の判定,及び,代表的な技法について,現在の状況を解説する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355