あらまし

シニアの科学教室での楽しさ

竹下 秀俊 

Vol.101 No.3pp.304-308

発行日:2018/03/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 子供の科学教室に見るシニアの活躍──能力,技術の伝承と生きがいを考える──

専門分野:

キーワード:
シニア科学教室教育事業サイエンス

本文:PDF(1.1MB)

あらまし:
日本の高度成長を支えた企業の技術者が,定年後手持ち無沙汰に毎日を過ごし,生きがいや楽しみが感じられる機会を失っている.そこで,子供の科学離れ,理工系離れの解決策の一助とすべく,ボランティアで子供科学教室の開催の機会を得たことで,多くの感動を得,楽しい時間を過ごすことができたので報告する.子供が興味を持って工作しているときの真剣な目,自分で物を作り,作ったものが動いたときの喜びの顔は格別であり,忘れられない.また科学教室後に開催した懇親会での,ボランティア参加の学生とのおしゃべりも楽しい一時である.
 一人でも多くの子供が科学に興味を持って育っていき,日本の科学技術の発展に貢献する人材を輩出できるよう,一人でも多くのシニアの方が科学教室を開催して,非日常の感動を得ることを願ってやまない.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355