あらまし

触力覚通信の応用事例

菅野 貴皓 

Vol.102 No.1pp.69-73

発行日:2019/01/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 触力覚通信の歩みと高品質化

専門分野:

キーワード:
触力覚通信手術支援ロボット遠隔医療力計測

本文:PDF(804.3KB)

あらまし:
触力覚通信は,様々な産業分野で応用が期待されている.特に医療の分野では,触力覚を基にした繊細な作業が要求されることから,触力覚通信を実現するための研究開発が活発である.本稿では,医療機器,とりわけ遠隔操作手術支援ロボットについて,実用化・製品化についての現在の状況,触力覚の計測と推定に関する技術,通信に関する技術について概説する.現時点では,通信を伴う遠隔手術ロボットについてはまだ実用化されていないが,臨床実験を行ったケースが報告されるなど,実用化に向けた取組みは着実に進んでいる.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355