あらまし

Open Access 話題の記事

リザバーコンピューティングの概念と最近の動向

田中 剛平 

Vol.102 No.2pp.108-113

発行日:2019/02/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 リザバーコンピューティング

専門分野:

キーワード:
機械学習ニューラルネットワーク時系列力学系人工知能デバイス

Free本文:PDF(695.9KB)

あらまし:
リザバーコンピューティングは再帰的ニューラルネットワークの特殊なモデルを一般化した概念で,時系列情報処理に適した機械学習の枠組みの一つである.リザバーコンピューティングの最大の特長は,入力信号をリザバーで変換した後,読出し部のみを簡便なアルゴリズムで訓練することで,極めて高速な学習を可能にする点である.近年,リザバーコンピューティングの応用範囲は急速に広がり,また物理的リザバーを利用した機械学習デバイスの開発も注目されている.本稿では,リザバーコンピューティングの概要と最近の動向を紹介する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355