あらまし

微小光学系によるリザバーコンピューティング

武田 征士 

Vol.102 No.2pp.134-139

発行日:2019/02/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 リザバーコンピューティング

専門分野:

キーワード:
リザバーコンピューティングレーザシリコンフォトニクスIoT

本文:PDF(1MB)

あらまし:
リザバーコンピューティングという新たな計算原理のパラダイムが,信号処理や機械学習の枠組みを超え,応用物理の分野にもわたり注目を集めている.物理系に備わる非線形なダイナミクスを計算機能として活用することができれば,ニューラルネットワークにも比肩し得る処理能力を発揮できるという考え方である.レーザなど非線形光学系によっても実現するリザバーコンピューティングは,シリコンフォトニクスと潜在的に相性が良い.本稿では,IoT社会で必須の技術となるエッジコンピューティングを念頭に,微小光学系を利用したリザバーコンピューティング技術の可能性について紹介する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355