あらまし

AI作曲で脳を活性化

沼尾 正行 

Vol.102 No.3pp.221-227

発行日:2019/03/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 創造性・芸術性におけるAIの可能性

専門分野:

キーワード:
自動作曲感性情報処理機械学習遺伝的アルゴリズム

本文:PDF(1.6MB)

あらまし:
音楽創作の目的は聴き手に感動を引き起こすことにある.この考え方に基づき,聴き手の反応を見ながら創作を行う人工知能について述べる.この方法では,聴き手の反応,すなわち,感情の測定結果に基づき,今作りつつある新たな曲に対する聴き手の反応を予測する.それをベースにした自動作曲について論じ,AI作曲による人(脳)の活性化へとアプローチする.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355