あらまし

折り畳み構造の数理

奈良 知惠 

Vol.102 No.4pp.305-310

発行日:2019/04/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 折り紙の科学

専門分野:

キーワード:
折り畳み平たん化多面体移動折り目剛体折り

本文:PDF(1.2MB)>>

記事を購入

あらまし:
コンパクトで携帯や収納に便利な折り畳み式製品は多数存在するが,傘の開閉のように簡単な操作による折り畳みの仕組みを有するものについては,形状や素材がかなり限定されてしまう.そこで,本稿では,その壁を破るための一つの方策として多面体の連続的折り畳みの問題を取り上げ,歴史的な経緯を紹介し,既知の三つの方法についてその概要を計算手順とともに示す.特に,ひし形の一般形であるたこ形の翼折りは,多面体の連続的折り畳みの過程を具体的に表現できることを例によって示し,折り畳み式製品にどのように活用できるかを述べる.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355