あらまし

光アイソレータ――光集積回路への展開――

水本 哲弥 

Vol.102 No.6pp.577-582

発行日:2019/06/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
光アイソレータ光集積回路直接接合非相反効果磁気光学ガーネット

本文:PDF(874.6KB)>>

記事を購入

あらまし:
光アイソレータは,ある特定の伝搬方向には光を伝達し,逆方向への光の伝搬を阻止する機能を持つ素子である.この機能は,高性能な光通信システムや高感度な光センシングを行う際の光源の安定化や光増幅器の発振防止のために必要不可欠である.一方,様々な光機能素子を一体化した光集積回路の開発が進んでおり,光アイソレータの光集積回路への導入が望まれている.光アイソレータを光集積回路上に実現するためには,構造と材料の両面で解決すべき課題があり,いまだ実現に至っていない.本稿では,光アイソレータを他の光回路素子と一体集積するために行われてきたこれまでの研究成果と今後解決すべき課題について概説する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355