あらまし

触覚メディア通信とQoS

大西 仁 石橋 豊 

Vol.91 No.2pp.108-112

発行日:2008/02/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 次世代のサービス品質技術

専門分野:

キーワード:
触覚インタフェース装置触覚メディア通信QoS(Quality of Service)QoS制御

本文:PDF(1MB)>>

記事を購入

あらまし:
近年,情報を触覚・力覚モダリティで入出力する触覚インタフェース装置が普及し,これらを通信ネットワークで結ぶことにより,遠隔制御や遠隔での協調作業への応用が試みられている.しかし,インターネット等のQoSが保証されていない通信ネットワークで触覚情報を伝達すると,パケット損や遅延等のQoS低下により,ユーザが違和感や操作性の低下を感じたり,作業自体が成立しなくなることがある.そこで,QoSが保証されていない通信ネットワークを介して触覚を含む作業の操作性を高く保つためにはQoS制御が必要になる.本稿では,まず触覚インタフェース装置及びそれを用いたアプリケーション,特に通信ネットワークを介した協調作業への応用を紹介する.次いで,通信ネットワークのQoSがユーザに与える影響とその影響を軽減・解消するためのQoS制御について解説する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355