あらまし

脳磁界計測──計測磁界からの脳活動のイメージング──

関原 謙介 

Vol.91 No.2pp.131-136

発行日:2008/02/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
生体磁気脳磁界計測信号源推定センサアレー信号処理アダプティブビームフォーマ

本文:PDF(853KB)>>

記事を購入

あらまし:
脳磁界計測は脳神経活動の直接の帰結として発生する磁界を計測するため,高い時間分解能を有しているものの,広く用いられるためには測定された磁界から脳活動の部位を推定・再構成するための効果的な方法を開発する必要がある.本稿では,信号処理や画像処理に興味を持つ読者を対象として,この脳磁界の順問題と逆問題について概説し,特に,脳磁界からの信号源推定手法としてMUSICアルゴリズム,GLRTスキャン,アダプティブビームフォーマなど最近の発展について解説した.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355