あらまし

産学官連携による民俗芸能伝承のためのディジタルコンテンツ制作技術の開発

玉本 英夫 湯川 崇 海賀 孝明 水戸部 一孝 三浦 武 吉村 昇 

Vol.91 No.4pp.303-308

発行日:2008/04/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
舞踊符;民俗芸能;伝承技術;モーションキャプチャ;産学官連携

本文:PDF(2.5MB)

あらまし:
民俗芸能には,祖先の生活風景,心象風景,知恵や知識などが深く反映されている.私たちには,このような貴重な民俗芸能を後世に伝承していく責務がある.しかしながら,急速な高齢化や地方の過疎化に伴って後継者不足が深刻な問題になっており,失伝が避けられない状況にある.秋田県は国指定重要無形文化財の豊かな県である.そこで,この10年間,秋田大学を中心にして産学官で連携しながら,とりわけ民俗芸能の舞踊の伝承に資するために,秋田発の記録・保存技術の開発を行ってきた.本稿では,これらの技術の開発の経緯と成果を紹介する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355