あらまし

Open Access 話題の記事

社会科学のアプローチに基づくコミュニケーションロボット・擬人化エージェントの設計に向けて──人間観察によってデザインされたロボットは「不気味の谷」を渡れるか?──

武川 直樹 

Vol.93 No.12pp.1027-1033

発行日:2010/12/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
コミュニケーションロボットヒューマンエージェントインタラクション人文科学と工学の融合設計論行動分析

Free本文:PDF(487.2KB)

あらまし:
コミュニケーションを目的とするロボットや擬人化エージェントの表出・認識の機能は極めて限定され,人とのコミュニケーションは満足できるレベルになっていない.この問題を解決するためには,人同士のやり取りに学び,人とロボットが相互に共時的に振舞いができなければならない.この解決のため,認知心理学,社会心理学,言語心理学,工学を融合した新しいアプローチ,またそれに基づく研究事例が多く見られるようになってきた.本稿では,人のコミュニケーションを観察,分析してその仕組みを明らかにして,得られた知見をロボット・擬人化エージェントのデザインに適用する,という挑戦的な研究の背景にある理論,また分析のアプローチを紹介し,最後に,今後の研究の方向性について議論する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355