あらまし

ファジー理論の現状と最近の動向

関 宏理 水本 雅晴 

Vol.94 No.10pp.908-914

発行日:2011/10/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
ファジー理論ファジー推論Type-2ファジー集合Type-2ファジー推論

本文:PDF(556.7KB)

あらまし:
ファジー理論は家電,地下鉄の制御,無人ヘリコプターの自動制御など様々な分野へ応用され成功を収めている.現在でも基盤技術として使用されており,世界におけるファジー理論の情報関連分野の研究は非常に活発となっている.それにも関わらず,日本でのファジーに関する研究は減少しているのが現状である.この状況を鑑みて,本稿ではまず世界におけるファジー理論の情勢と状況を詳しく述べる.また,近年ではファジー集合の拡張であるType-2 ファジー集合を用いたType-2 ファジー推論が世界でも盛んに研究されている.このことから,本稿では現在ファジー理論の中で最も盛んに研究されているType-2ファジー推論に焦点を当てて解説する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355