あらまし

情報インフラ混乱時におけるコグニティブ無線ルータの有効活用

原田 博司 石津 健太郎 村上 誉 

Vol.95 No.3pp.207-212

発行日:2012/03/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:特集 東日本大震災からの復興の取組みと震災から得た教訓

専門分野:

キーワード:
コグニティブ無線ルータ災害通信東日本大震災

本文:PDF(1.7MB)>>

記事を購入

あらまし:
東日本大震災において多くの通信インフラが被災し,有線ネットワークのみならず携帯電話に代表される無線ネットワークも使用不能になった.この状況において,どの通信事業者が復旧しても,どの通信事業者の端末を使っていても通信ができるネットワークを構築するために,電波の利用状況に応じて利用可能な通信事業者に接続し,接続したネットワークの信号を無線LAN の信号に変換可能なコグニティブ無線ルータを災害地に設置し,インターネット環境を維持し,救難活動に役立てた.本稿では,このコグニティブ無線ルータの災害地での利用実績を報告する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355