あらまし

部分空間法の最近の発展

坂野 鋭 

Vol.95 No.4pp.347-351

発行日:2012/04/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
パターン認識部分空間法複合類似度法主成分分析

本文:PDF(397.5KB)>>

記事を購入

あらまし:
部分空間法はこの半世紀にわたり,実用的なパターン認識技術として研究されるとともに,光学的文字読取り装置に代表される製品のエンジンとして長きにわたり現場でのテストを受けてきた.本稿では部分空間法の起源をたどり提案されたときの基本構想から始まり,研究が進むにつれて明らかになってきた,その有効性の複数の根拠を述べる.また,相互部分空間法や非線形部分空間法に代表されるこの10年の発展を振り返り,これからのあり得る研究の方向を示す.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355