あらまし

OFDM 受信用アレー信号処理の技術動向

藤元 美俊 

Vol.95 No.6pp.523-528

発行日:2012/06/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
OFDM移動受信アレーアンテナアダプティブアレー

本文:PDF(1.4MB)>>

記事を購入

あらまし:
OFDM 伝送は周波数効率が高く,かつ,多重波によるフェージングに対して高い耐性を持つが,遅延の長い波が到来する場合や,高速移動体では伝送特性が劣化する.本稿では,はじめに多重波環境におけるOFDM 伝送の課題について述べる.特に,適切なシンボル長やサブキャリヤ間隔,移動通信における適用限界等を説明する.後半では,OFDM 伝送の特性改善に有効な受信用アレー信号処理について解説する.OFDM 受信用アレー信号処理は,プレFFT 型とポストFFT 型に大きく分類される.本稿では,それぞれの構成,特徴について解説する.最後に,地上ディジタル放送受信用アレーの開発例を示す.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355