あらまし

M2M を基盤としたコンテクストアウェアネスシステム

保田 浩之 福永 茂 松平 正樹 

Vol.96 No.5pp.354-359

発行日:2013/05/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:特集 M2Mサービスを支える情報通信技術

専門分野:

キーワード:
M2Mコンテクストアウェアネスセンサネットワークビッグデータ

本文:PDF(1.2MB)>>

記事を購入

あらまし:
センシングした実空間の情報などからその場や人の状況を把握し,それを基に人などに対して最適なサービスを提供するコンテクストアウェアネスシステムは,M2M を基盤として収集したビッグデータを活用して実現されるサービスの中核となる.本稿ではこれを実現するためのセンサネットワーク技術やコンテクストアウェアネス処理のための実行エンジン,そして目的に沿ったアウェアネス(気付き)を利用者に与えるために必要な履歴情報の分析等の構成例や適用事例などを解説する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355