あらまし

Open Access 話題の記事

実用化に向けて加速するテラヘルツ技術

永妻 忠夫 

Vol.97 No.11pp.918-923

発行日:2014/11/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:特集 最新テラヘルツ技術と実用化に向けた取組み

専門分野:

キーワード:
テラヘルツ波分光イメージング無線通信

Free本文:PDF(1.6MB) | [正誤]

あらまし:
テラヘルツ技術は,1990年代初頭の分光技術とイメージング技術への応用を皮切りに研究開発がブレークし,間もなく四半世紀を迎えようとしている.主としてパルスレーザ技術と非線形光学によってけん引されてきたテラヘルツ技術は,その後,光通信分野で開発された技術や半導体エレクトロニクス技術の進展によって,高性能化と高信頼化が図られ,通信応用も現実のものとなりつつある.本稿では,テラヘルツ技術が注目されている背景と,最近の技術動向を概説する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355