あらまし

高出力テラヘルツ波光源の最先端と広がる応用

南出 泰亜 

Vol.97 No.11pp.924-930

発行日:2014/11/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:特集 最新テラヘルツ技術と実用化に向けた取組み

専門分野:

キーワード:
高出力テラヘルツ波光源非線形光学波長変換リアルタイムイメージング非破壊検査テラヘルツ非線形応答

本文:PDF(1.1MB)>>

記事を購入

あらまし:
近年,テラヘルツ波に関する研究開発は,各種応用分野においてますます加速している.様々な用途において必要とされるテラヘルツ波光源は,より高強度に,より広帯域に,またよりコンパクトに開発が進められ,独自のテラヘルツ波計測技術の開発とともに新しい応用や新しい発見が報告されている.本稿では,高出力テラヘルツ波発生の現状に関して概略を述べ,特に非線形光学効果を用いた波長可変テラヘルツ波光源に関する技術について発生方法や光源の特徴を概説する.また,今後の産業応用や基礎科学応用における高出力テラヘルツ波の展開について述べる.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355