あらまし

テラヘルツ波イメージング

深澤 亮一 

Vol.97 No.11pp.944-951

発行日:2014/11/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:特集 最新テラヘルツ技術と実用化に向けた取組み

専門分野:

キーワード:
テラヘルツ波イメージングトモグラフィーテラヘルツ波顕微鏡テラヘルツカメラ

本文:PDF(1.6MB)>>

記事を購入

あらまし:
テラヘルツ波イメージングは,電磁波の透過性と物質固有のスペクトルが得られるという特長を生かして非破壊検査や化学分析に応用されつつある.その応用の広がりは,工業材料の評価,医薬品の評価,美術品・文化財の調査,製造工程における品質管理,建築物の診断,危険物の検知,バイオセンシングなど多岐の分野にわたっており,今後の発展が期待されている.本稿では,テラヘルツパルス波を用いたイメージング技術とテラヘルツカメラ技術について解説するとともに,実用化の観点から興味ある応用例を紹介する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355