あらまし

テラヘルツ波によるセキュリティ応用

大谷 知行 

Vol.97 No.11pp.994-999

発行日:2014/11/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:特集 最新テラヘルツ技術と実用化に向けた取組み

専門分野:

キーワード:
テラヘルツ波セキュリティイメージング分光

本文:PDF(983.9KB)>>

記事を購入

あらまし:
電波と赤外線の中間領域の電磁波であるテラヘルツ波は,その物質透過性や特徴的な吸収スペクトル構造による物質同定が可能であることから,非破壊・非接触でイメージング検査や分光分析を行うボディスキャナ,薬物検査などのセキュリティ応用が広がってきている.また,光源や検出器開発の進展も目覚ましく,更なる利用の広がりが期待される.本稿では,安全安心分野におけるテラヘルツ技術の利用の動向について紹介し,今後の課題や展望について述べる.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355