あらまし

FTTHの促進と更なる大容量化を目指す光ファイバ技術

中島 和秀 

Vol.97 No.1pp.54-59

発行日:2014/01/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
光ファイバFTTH曲げ損大容量伝送国際標準化

本文:PDF(1.1MB)>>

記事を購入

あらまし:
光通信技術の進展とともに,光ファイバ技術の国際標準も進化を続けている.本稿では,電気通信技術の国際標準化機関であるITU-Tにおける光ファイバ勧告の変遷について振り返り,今日のFTTHの構築に欠かせない存在となっている低曲げ損光ファイバ技術と,その標準化の経緯について概説する.更に,40Gbit/s超の高速・大容量伝送への対応を目的とした最新の光ファイバ技術と,その標準化動向についても紹介する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355