あらまし

時変動環境におけるマルチユーザMIMOシステム

小川 恭孝 西村 寿彦 大鐘 武雄 

Vol.97 No.4pp.285-289

発行日:2014/04/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 マルチユーザMIMO──マルチアンテナとマルチユーザの相乗効果による通信速度向上──

専門分野:

キーワード:
マルチユーザMIMOシステム時変動チャネルユーザ間干渉チャネル予測AR法

本文:PDF(630.1KB)>>

記事を購入

あらまし:
マルチユーザMIMOシステムの下り回線においては,通常,ユーザ間の干渉,及び,同一ユーザの複数ストリーム間の干渉がなくなるように基地局は送信ウェイトを決定し,それを信号に乗算して伝送が行われる.一方,ユーザ端末や周囲の散乱体の移動により,一般に,チャネルは時間変動する.このような環境では,送信ウェイトを決定したときのチャネルと実際に送信を行うときのチャネルに変動があるため干渉が発生し,特性が劣化する.この問題はチャネルを予測することにより軽減が可能である.本稿では,時変動チャネルがマルチユーザMIMOシステムに与える影響とチャネル予測の効果を明らかにする.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355