あらまし

スポーツパフォーマンスのセンシング――コーチングを支援するセンシング技術――

仰木 裕嗣 

Vol.97 No.8pp.707-711

発行日:2014/08/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 知的環境を支えるセンサネットワーク──アンビエントセンサネットワーク──

専門分野:

キーワード:
スポーツパフォーマンス慣性センサエビデンスベースドスポーツコーチング

本文:PDF(1.3MB)>>

記事を購入

あらまし:
筆者らは,慣性センサを使った人の運動パフォーマンスについて研究を進めている.本稿では水泳・水中運動をテーマにして慣性センサ情報から運動パフォーマンスを推定し,それをコーチングに活用する事例を紹介したい.まず採り上げる競泳トレーニングにおいては,そのパフォーマンスが泳時間で表されることから,慣性センサを使って「時間」の計測を試みている.ただし,この時間の計測にはトレーニングで慣習化しているルールによってその精度を上げていることを紹介する.健康のために行われる水中歩行の事例では,消費エネルギー,すなわち消費カロリーの推定には移動速度が肝心であることから,移動速度を求めるために屋内測位を無線電波によって実現し,更には無線をデータの送受信にも活用した事例を紹介する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355