あらまし

あらゆるものがつながる世界

諸橋 知雄 森川 博之 

Vol.98 No.5pp.369-374

発行日:2015/05/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:特集 第5世代移動通信(5G)の最新動向

専門分野:

キーワード:
M2Mアンビエント情報化社会集合知5Gシステムプラットホーム

本文:PDF(703.8KB)

あらまし:
人に加えて,あらゆる「もの」がインターネットにつながる時代が到来しようとしている.以前にも増して,人と「もの」が区別なく情報を共有するための高度なM2M(Machine-to-Machine)基盤の構築が望まれている.しかし,そのための要素技術開発は方向性も含めて未成熟であり,汎用技術を目指した標準化の動きも緒に就いたばかりである.本稿では,M2M基盤の高度化すべき方向性やその意義を示すとともに,M2M基盤技術に関する技術開発の動向と課題について論ずる.特に,2020年以降の実用化を目標に検討が始まった第5世代相当の携帯電話(5G)システムについて,M2Mの視点から考察する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355