あらまし

筋電図を用いた身体運動の計測・評価

増田 正 

Vol.102 No.8pp.758-761

発行日:2019/08/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 生体機能の“安全”な計測・評価を目指して

専門分野:

キーワード:
筋活動度筋電位表面筋電図多点表面電極神経支配帯

本文:PDF(662.2KB)>>

記事を購入

あらまし:
筋の活動度を知る方法として筋電図がある.近年は電極と増幅器を一体化した装置が普及し,電気的な特性も改善され,雑音のない筋電位信号が容易に記録できるようになった.一方で,筋電位の発生機構に対する知識の不足のために,不適切な使用例も度々目にする.ここでは,筋電位の発生機構を踏まえて,電極設置位置に関する注意について述べるとともに,筋電位の筋線維上の伝搬特性を積極的に活用したアーチファクト(人工物)の識別や,対象外の筋からのクロストーク(混線)を検知する方法について解説した.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355