あらまし

縮退パラメトリック発振器ネットワークを用いたイジングモデルの基底状態探索

武居 弘樹 稲垣 卓弘 

Vol.103 No.3pp.305-310

発行日:2020/03/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 量子技術に着想を得た次世代コンピューティング

専門分野:

キーワード:
コヒーレントイジングマシン位相感応増幅イジングモデル組合せ最適化問題

本文:PDF(1.4MB)>>

記事を購入

あらまし:
組合せ最適化問題を相互作用するスピン群の理論モデルであるイジングモデルの基底状態探索問題に変換し,スピンを模した物理システムを用いてこれを実験により解く「イジング形計算機」の研究が近年盛んになっている.本稿では,相互結合した縮退光パラメトリック発振器パルス群を用いてイジングモデルを表現し,その基底状態の高速な探索を行うコヒーレントイジングマシンについて,その原理と最近の評価実験について述べる.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355