あらまし

マルチコアとSIMD命令を活用した並列プログラミング

平櫛 貴章 

Vol.103 No.3pp.329-333

発行日:2020/03/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
並列処理SIMD命令マルチスレッディングOpenMP

本文:PDF(644.5KB)>>

記事を購入

あらまし:
近年のプロセッサではマルチコア化やSIMD命令の導入など,プログラムの持つ並列性を利用して性能向上を図るアプローチが広く用いられている.一方で,これらの仕組みを活用するための並列性の自動抽出はまだ簡単なプログラムや一部のドメインでしか利用できず,ある程度複雑なプログラムでは人手で並列化を行う必要がある.本稿では並列プログラミング未経験者を対象とし,自動並列化に頼らずにマルチスレッディング及びSIMD命令を用いた並列プログラミングの概要について,簡単なサンプルを交えて解説する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355