あらまし

表情認識技術の最先端

新沼 厚一郎 

Vol.103 No.4pp.426-430

発行日:2020/04/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
表情認識Facial Action Coding SystemsAction Units

本文:PDF(828.4KB)>>

記事を購入

あらまし:
コンピュータによる表情認識技術では,従来から研究・実用化が進んでいる「怒り」や「喜び」のような明確な表情だけではなく,より複雑な表情に対しても急速な性能向上が進んでおり,今後様々な分野への適用が期待される.実用化が期待される分野は,働き方改革,ヘルスケア,ドライバ支援,マーケティング,ソーシャルスキルを持ったロボットなど,多岐にわたる.本稿では,複雑でこまやかな表情を扱う上で重要となるFACS(Facial Action Coding Systems)を中心に,表情測定アプローチ,表情データベース,表情認識アルゴリズムの一般手順,性能評価指標といった本技術で重要となる項目について概説する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355