あらまし

データ駆動形アプローチにおけるデータアナリティクスに関する技術動向

後藤 正幸 

Vol.103 No.5pp.461-467

発行日:2020/05/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:特集 様々なハードウェアに適応したAI実装技術

専門分野:

キーワード:
データ駆動形データ分析大規模データデータサイエンスアナリティクス

本文:PDF(1.3MB)>>

記事を購入

あらまし:
近年,様々な場面でAI技術を活用したデータ分析の活用が進められている.従来の統計分析では仮説駆動形のアプローチが主流であり,設定した仮説を検証するためにデータが収集されていた.これに対し,近年ではセンシングやIoT(Internet of Things)などの情報技術の発展に伴って,人々の活動の記録として多様なデータが生成され,蓄積されるようになっている.このようなリッチなデータを活用したデータ駆動形アプローチが注目されるようになり,AI技術を駆使した様々なデータ分析技術が活用されるに至っている.本稿では,主にビジネスデータ分析におけるAI活用の技術動向について解説する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355