あらまし

不揮発性メモリを用いたAIチップの実装技術

河野 和幸 

Vol.103 No.5pp.543-548

発行日:2020/05/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:特集 様々なハードウェアに適応したAI実装技術

専門分野:

キーワード:
不揮発性メモリAIチップ抵抗変化形メモリReRAMニューロモルフィックコンピューティングインメモリコンピューティング

本文:PDF(1.5MB)>>

記事を購入

あらまし:
人工知能(AI)が近年注目されているが,AI処理を行うためのハードウェアの消費電力が大きな課題となっている.この課題を解決するための技術として,ニューロモルフィックコンピューティング,あるいはインメモリコンピューティングと呼ばれる不揮発性メモリを用いた非ノイマン形AIチップが近年注目されている.本稿では不揮発性メモリを用いたAIチップの動作原理と特長,及び筆者らの研究グループが開発した抵抗変化形メモリ(ReRAM)を用いたAIチップの回路実装技術とその性能について述べる.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355