あらまし

大規模言語モデルの現状と今後の展望[II・完]――企業の大規模言語モデル開発と応用開発の現場――

山崎 天 

Vol.107 No.7pp.653-658

発行日:2024/07/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
大規模言語モデル自然言語処理ChatGPTLLM応用プロンプトエンジニアリング

本文:PDF(818.1KB)>>

記事を購入

あらまし:
本稿では,企業における大規模言語モデル(LLM)の開発動向と,その応用開発に取り組む企業が直面する現場の変化や課題について述べる.OpenAI社を筆頭に,LLMの普及に努める多くの企業が,オープンソース公開やAPIの提供などを通じて,モデル開発に積極的に取り組んでいる様子を紹介する.更に,LLMを活用するソフトウェア開発現場においては,プロンプトエンジニアリングやガードレールの実装など,LLMを効果的に制御する技術が進展していることにも触れる.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355

…ジュニア会員・学生員に
 お勧めの記事