あらまし

超伝導エレクトロニクスを用いた光子検出技術

三木 茂人 王 鎮 

Vol.91 No.11pp.959-964

発行日:2008/11/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:特集 進化する先端フォトニックデバイス

専門分野:

キーワード:
超伝導検出器量子デバイス光子検出量子情報通信窒化ニオブ薄膜

本文:PDF(5MB)>>

記事を購入

あらまし:
超伝導エレクトロニクスを用いた高感度検出技術は,ミリ波・テラヘルツ波・可視・近赤外・X線・質量分析・中性子等,様々な分野での応用発展を促してきた.中でも特に最近,通信波長帯域における光子検出技術の量子情報通信応用がにわかに注目されており,実際にその有効性が認識されつつある.本稿では,通信波長帯域における超伝導光子検出器の最近の研究開発状況や展望についてまとめている.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355