あらまし

プラズモニクスに基づく高輝度発光素子

岡本 晃一 

Vol.91 No.11pp.979-986

発行日:2008/11/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:特集 進化する先端フォトニックデバイス

専門分野:

キーワード:
プラズモニクス表面プラズモン発光素子InGaN/GaN量子井戸

本文:PDF(17MB)>>

記事を購入

あらまし:
金属と誘電体の界面に生じる表面プラズモンは,電磁波と相互作用することによって,従来にないユニークな光物性・光機能性を作り出す.これを制御・利用する技術がプラズモニクスであり,近年特にナノテクノロジーの急速な発展に伴って様々な光学素子への応用が期待され,注目を集めている.ここでは,プラズモニクスの新たな可能性の一つとして,発光材料の高効率化への応用について紹介する.プラズモニクスに基づく高輝度発光素子によって,従来の蛍光灯をすべて固体発光素子に置き換える「照明革命」の早期実現が期待される.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355