あらまし

ロボット作業環境の情報構造化

長谷川 勉 

Vol.91 No.5pp.417-423

発行日:2008/05/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:特集 ネットワークロボット最前線

専門分野:

キーワード:
環境情報構造化;分散ビジョン;RFIDタグ;ロボットタウン

本文:PDF(1.9MB)>>

記事を購入

あらまし:
日常生活環境で人のために様々な作業を行うロボットを実現するには,ロボットに搭載された機能に依存するだけでなく,環境側にセンサネットワーク,様々な情報を格納したマーカ,データベースなどを配置して,ロボットを支援する仕組みが不可欠である.これが作業環境の情報構造化であり,ネットワークロボット技術はそのために必要な技術である.この観点から,関連する国のプロジェクトや学協会の動向を概観した上で,北部九州地区でのロボット特区,及び筆者らが進めているロボットタウンプロジェクトを紹介する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355