あらまし

バイオ・医療分野に用いられる蛍光励起用可視光レーザ光源

松浦 寛 

Vol.91 No.9pp.804-808

発行日:2008/09/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
希ガスレーザDPSSレーザファイバレーザ可視光蛍光計測

本文:PDF(1MB)>>

記事を購入

あらまし:
日ごろよく目にする太陽や照明器具から発せられる光は,様々な波長が混ざった状態の非干渉性の光であるが,電磁波を増幅することができるレーザ装置を用いると,人工的に可干渉性の光を得ることができる.この光は,指向性や収束性に優れ,発振する波長を選択できるなどの特長があり,現在ではバイオ・医療,計測,情報通信,家電,加工,娯楽,軍事などの多くの分野で利用されている.ここでは,近年注目されているバイオ・医療分野の中で使われる蛍光計測用に用いられる可視光領域のレーザ光源について述べる.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355