あらまし

住民の減災行動を誘導するとともに適切な発災時対応を促す災害情報

福和 伸夫 

Vol.92 No.3pp.168-173

発行日:2009/03/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 防災・減災を支える情報通信技術

専門分野:

キーワード:
社会還元加速プロジェクトWebGIS減災発災時対応

本文:PDF(3.6MB)>>

記事を購入

あらまし:
今世紀前半に懸念される災害規模は極めて大きい.我が国社会の破たんを回避するには災害被害を軽減するしかなく,耐震化をはじめとする事前の減災行動に住民を誘導することが必要である.一方で,リアルタイム情報を活用して災害発生時の災害波及を最小化する努力も必要である.そこで,国民一人一人に災害情報を伝達し,防災行動を誘導するとともに,発災時の情報伝達により被害を最小化するための災害情報の提供について考える.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355