あらまし

オーディオ符号化技術の現状と最新動向

守谷 健弘 

Vol.93 No.2pp.133-138

発行日:2010/02/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
MP3 AAC MPEG聴覚特性オーディオ符号化

本文:PDF(887.4KB)>>

記事を購入

あらまし:
オーディオ信号の圧縮符号化技術は, CD (コンパクトディスク)のオーディオ信号の品質をほぼ維持したまま,およそ10 分の1 の情報量への情報圧縮を実現するものである. 1990 年代までの基礎研究の成果を結集して, ISO/IEC のMPEG で国際標準化が行われ,このうち特にMP3 やAAC はフラッシュメモリを使った携帯オーディオプレーヤやディジタル放送に不可欠な技術として,日常生活の中に深く定着してきている.これらの技術の基本と最近の国際標準化の動向を中心に解説する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355