あらまし

高ダイナミックレンジ画像処理

奥田 正浩 

Vol.93 No.2pp.139-144

発行日:2010/02/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
高ダイナミックレンジ画像符号化トーンマッピング

本文:PDF(973.7KB)>>

記事を購入

あらまし:
暗所視から明所視までの輝度順応を考慮した場合,人間の視覚特性のダイナミックレンジは200dB を大きく超え,単一のシーンでも暗所と明所の比が100dB から120dB になり得る.これに対して一般に市販されているカメラのダイナミックレンジは高性能なものであっても80dB 程度であり,シーンすべての輝度情報を記録することはできない.高ダイナミックレンジ画像(High Dynamic Range 画像, HDR 画像)はシーンの可視範囲の輝度すべてを記録するために開発され,人間の視覚特性と同等のダイナミックレンジと色域をサポートする画像である.ここではHDR 画像処理における重要なテーマである,取得法,符号化,トーンマッピングについて解説する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355