あらまし

大規模NAT 技術とIPv6

宮川 晋 

Vol.93 No.2pp.145-151

発行日:2010/02/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
IPv4 アドレス枯渇 IPv6 LSN CGN NAT444

本文:PDF(1.4MB)>>

記事を購入

あらまし:
現在のインターネットで主に使われている通信プロトコルであるIPv4(Internet Protocol Version 4)のアドレスがあと数年以内に割当てが困難となることが予想されており,本質的な解決にはIPv6 への移行が必要である.しかしながら,同時に,現在使用されている機器・サービスへの互換性確保も大事な課題である.本稿では,現在IETF(Internet Engineering Task Force)を中心に検討が行われているIPv4 への後方互換性を確保する大規模NAT(Network Address Translation)技術及びIPv6 へのスムースな移行例を紹介する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355