あらまし

Open Access 話題の記事

ISPへのNAT導入によるユーザ影響評価

屏 雄一郎 大岸 智彦 勝野 聡 

Vol.93 No.6pp.473-478

発行日:2010/06/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
IPv4アドレス枯渇ラージスケールNATNAT越えトラヒック解析

Free本文:PDF(3.6MB)

あらまし:
IPv4アドレス枯渇対策の一つとして,ISPのネットワークにNAT装置を導入することで,一つのIPv4アドレスを不特定な複数のユーザで共有する方法が検討されている.ISPに適用されるNAT装置は大規模なものになるため,このようなNAT装置はラージスケールNAT(LSN: Large Scale NAT)と呼ばれている.しかし,LSN環境下では,特定のアプリケーションが使えなくなるなど,エンドユーザに少なからず影響が出ると考えられている.本稿では,LSNの導入形態について最初に説明する.次に,LSN導入時のユーザへの影響,及び影響低減のために既存のNAT越え手法のLSN環境における有効性について考察した結果を述べる.最後に,実際の大手ISPにおけるトラヒック解析結果に基づき,LSN環境下でセッション制限が行われた場合のユーザに対する影響について評価した結果を紹介する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355