あらまし

Open Access 話題の記事

Web 時代の音声・言語技術

中村 哲 磯谷 亮輔 乾 健太郎 柏岡 秀紀 河井 恒 河原 達也 木俵 豊 黒橋 禎夫 隅田 英一郎 関根 聡 鳥澤 健太郎 堀 智織 松田 繁樹 

Vol.94 No.6pp.502-517

発行日:2011/06/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:総合報告

専門分野:

キーワード:
自然言語処理音声処理Web機械翻訳情報アクセス

Free本文:PDF(1.6MB)

あらまし:
本稿では,現在,独立行政法人情報通信研究機構(NICT)において産学官で進められているMASTAR プロジェクトにおける音声・言語処理について紹介するとともに,日本及び海外,特に米国の動向について紹介する.音声・言語処理は近年飛躍的な進歩を遂げているが,この理由の一つとして挙げられるのが,大量のデータ(コーパス)を収集し,用例や統計モデルと機械学習により,自動的に処理系を構築するコーパスベース技術が確立されたことである.Web 上の情報を利用することで,Web以前には不可能であった様々な音声言語処理が可能になりつつある.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355