あらまし

小形アンテナ測定技術

石井 望 

Vol.94 No.9pp.795-800

発行日:2011/09/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
小形アンテナ測定入力インピーダンス放射パターン

本文:PDF(697KB)>>

記事を購入

あらまし:
ベクトルネットワークアナライザの登場により,小形アンテナの入力インピーダンス測定の精度が向上した.測定器の性能が上がっても,小形アンテナの特性は周囲環境の影響を受けやすいため,その測定には十分に注意を払う必要がある.本稿では,まず小形アンテナ測定において必要とされる基本事項の理解,誤差要因の切り分け,不確かさの重要性について述べる.続いて,VHF/UHF 帯からマイクロ波帯で利用されるケーブルやコネクタの取扱いに関する注意事項を列挙する.ベクトルネットワークアナライザを利用したアンテナの入力インピーダンス測定について,電気長補正の方法も含めて概観する.最後に,放射パターン測定並びにその誤差要因について触れる.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355