あらまし

災害に強いネットワークに向けた研究開発

堀越 博文 佐藤 良明 松本 公秀 

Vol.95 No.3pp.253-258

発行日:2012/03/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:特集 東日本大震災からの復興の取組みと震災から得た教訓

専門分野:

キーワード:
信頼性防災・減災省電力化事業継続性(BCP)

本文:PDF(1.4MB)>>

記事を購入

あらまし:
東日本大震災では,電気通信設備やサービスに対して過去にないほどの大きな被害を受けた.従来から台風,地震,火災などの様々な災害事例を教訓に,通信網の信頼性向上に取り組んできたところではあるが,それでもなお,今回の大震災を経験した上で,通信網・サービスに対する更なる災害耐性向上の取組みが必要であると強く認識している.本稿においては,今回の大震災を教訓に将来の大規模災害を見据えた中長期的な研究開発の方向性を,堅ろうなネットワークサービス基盤の確立,停電耐力向上・消費電力削減,サービス復旧の迅速化の3点に沿って紹介する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355